サーバー分散とは?

公開日:

被リンクについては先日記事にしてみた。

上位表示させる被リンクについて考えてみてくれ。

これに関連して被リンクのサーバー分散についてぼくの考えを書く。

まずサーバー分散とは何かだが、これはリンクを受けているサーバーがどれも同じではなく、異なるようにすることだ。

被リンクを受ければサイトが評価されることは理解してくれたと思うが、その被リンクを送っているサイトはどう考えても全て同じサーバーからというのは不自然だ。

遠い過去にはドメインさえ異なれば、同じサーバーでも効果はあったようだが、今では不自然なリンクを見破る要素の1つになっていると考える。

ほとんどのレンタルサーバーでは、マルチドメインに対応したプランも取り扱っている。

マルチドメインとは、1つのサーバースペースに複数の独自ドメインを置くこと。

1つのサーバースペースからの被リンクが多いというのは不自然だ。

リンクの多さというよりは割合である。

例えばあるサイトが100本の被リンクを受けていた場合、そのサーバーがどれくらい分散されていれば自然かだが、分散率100%で100個のレンタルサーバーからの被リンクになる。

分散率50%で約50個の分散率になる。

この分散率が低ければ低いほど良いと考えている。

イマドキないとは思うが、上位表示をさせるために自作自演リンクをどんどん貼っていく場合、サーバー1つ、マルチドメインでリンクを貼ると自爆するであろう。

多ければ多いほど。

自分のサイトから自分のサイトへリンクを送ること自体は悪くはないと思う。

ただ、やり過ぎは良くないんだ。

ぼくの具体的なサーバー分散

どうしても、この仕事をしていくとサイトの数がどんどん増えていく。

ぼくは今では管理ドメイン数は200個を超えている。

借りているサーバーは20種類くらい。

20種類くらいだが、1つのサーバーで複数アカウント取得しているものもあるので、契約数としては50個くらいになりそう。

1サーバー1ドメインにすればお金がかかるので、1つのサーバースペースにマルチドメインで何個かドメインを置いている。

そして、昔作った関連したサイトから新しいサイトへリンクを貼って紹介している。

数本ね。

サーバー分散については、それほど深く考えなくていいと思う。よく考えればわかる事だから。

自作自演リンクだけでサイト上位表示を目指しちゃいかんよ

自信があるなら自己責任でどうぞ。

ただぼくは不安があるなら、自作自演の被リンクを貼る事でサイトの評価を上げようとするSEO対策はしては決してお勧めしない。

これはどんなに巧妙でも遅かれ早かればれる。

アフィリエイトをしていて1時的には成功しても長期的に見ればリスクが高い。

ぼくもアフィリエイトを始めたばかりのころは、被リンクを増やそうと自作自演リンクをやっていたことがあるが、そのサイトは今では順位が安定していない。

順位が安定しないだけならまだしも、検索結果に一切表示されないものもある。

昔は上位表示されていたのにだ。

ぼくはこの失敗で被リンクの扱いの大事さを悟った。

そして、被リンク対策に時間をかけるより、サイトの中身に時間をかけている。

どうすればサイト訪問者に評価してもらえるかどうかを。

 

 


「SEO」カテゴリの最近の記事



気軽にコメントしてね